私は美容のために、お野菜を沢山食べるようにしています。食事のたびにいっぱい野菜を摂ると落ち着くのです。野菜の中でも、根野菜や色の濃いお野菜が栄養豊かで美容にも効果的という考えです。もやしと人参とほうれん草のナムルなんかはアレンジしたら毎食食べられますし、お野菜をいっぱい入れたスープもよく作ります。それとは逆に、お肉は少なくして脂分は少なめにといったことも気をつけています。野菜をたくさん食べれば、便秘する事も無く良いコンディションを保つことができています。体に便をためない、というのは美容の基本中の基本ですよね。取り込むお野菜としては、わざわざ有機野菜にしなくても、道の駅なんかで売られているフレッシュなお野菜を買うように心がけています。美容というのは体内から、というのは筋が通っていますよね。普段の食事からしっかりと効果が現れていることが感じ取れます。自分は皮膚がデリケートなので、スキンケア用品を探すにも一苦労。ことに、美容ローションはお肌につけるとヒリついたり赤くなってしまうものが多く、それと話題になっているような洗顔フォームなども相性が悪く肌がボロボロになってしまうなんてことも。その上、乾燥肌なので、やはり冬場などは乾燥がひどくなってしまいます。以前、素肌が美しい親友にどういうケアをしているのか訊いてみたら、メイク前はぬるめのお湯で顔を洗うのみ、リキッド洗顔料等は使用していないと言うのです。おまけに、そっちの方が肌状態が良いっていうのです。なので、わたしも取りあえずって感じで試してみることにしました。リキッド洗顔料等を用いないと、Tゾーンのテカりが残ってしまうんじゃないかとか、吹き出物が出来てしまうのでは、と不安に思っていましたが、行ってみると、そのやり方は正解だと感じました。水ではなくぬるま湯を利用することで、鼻の油も良い具合に取れるし、それに、洗顔フォームなどを用いるよりもお肌のうるおいは残ったままでした。懸念されていたニキビも大丈夫でしたし、以前より肌状態が良好になりました。歳を重ねても女は女のままなのです。年をとったからといって質が悪くなるわけでもないのです。却って年をとることによって綺麗になる女の人も大勢いるのです。きれいでいる為にはある程度の時間が必要・・・わたしはいつもそう思いながら美しさを保つためにがんばっています。時間をかけずに美しくなる人なんてそう多くはいません。専任のヘアメイクでも雇わなければ美しさをキープするのは難しいでしょう。わたくしは自分で自分を育てています。美容室が好きではないので行っても1年に1回か2回行くか行かないか…。美容室で美容師さんに気を遣いながら鏡に映る自分の姿を見ているのが嫌いです。気を遣って時間も費やしているのに最後にお金を払わなきゃなんて馬鹿らしくて・・・。なので髪の毛は自分で切るし、ヘアカラーも自分で行うことが多いです。届かない部分は家の人の手伝ってもらうのでカットもヘアカラーも満足しています。自分で自分のことをしていると美しさが増すような気がします。

Author