心が荒んでいるとお肌や体つきにも問題が出てきます。肌状態が悪くなったり、便秘がちになったりしその事が肥満の原因にもなるからです。そして、憂さ晴らしに食べ続ける事で解消する方もいますが、これは「太ること」をエスカレートさせることになるだけで心労がとれるわけではないのです。かえって、ストレスの悪循環になってしまうこともあるのです。となると、気晴らしにはどんな方法が望ましいかというとエクササイズを行ったり、エステやヘアサロンで女っぷりを上げたり没頭できるような事を存分にたのしむという事が最も良い気分転換のやり方です。無論、アロマの香りでゆったりした時を過ごすのもイライラ感を緩和させてくれます。三者三様ではありますが、体を動かしたり休養をとるとイヤな気持ちをリセットできてさっぱりとした気分になってストレス発散になるといった感じです。イライラしてきたら体操をしたり休養をとる事でガス抜きができて、一層美容効果が高まります。心労が重なっている気がしたら食べ物で解決しようとせずに、体操をしたり休養をとる事でリフレッシュするといいですね。美容に関して毎日食べる物に気配りしています。果物とか野菜を沢山いただくようにしています。野菜とフルーツは三食食べています。どちらもできるだけ季節の物を食べています。頻繁に食べるお野菜には、キャベツやトマト、にんじん、玉ねぎ、ほうれん草やレタスを多く頂いています。それとよく食べるフルーツには、バナナやリンゴ、ブドウ、イチゴなど複数あります。そして間食はなるたけ頂かないようにしています。どうしても食べたいときは、食べる量を減らしています。ジャンクフードじゃなく種実類や乾果類を食べるようにしています。その他に頻繁に運動もするようにしています。よく行う運動は、ホットヨガやウォーキングです。ウォーキングにおいては、二日に一回のペースで、30分~40分位行います。できるだけ早く歩くように行えば、ダイエットになるのではないでしょうか。ヨガに関しては、雨でウォーキング出来ない時に家で20~30分位しています。以上が、私自身が美容に関する事で普段気をつけていることや行っていることでした。肌が乾燥する自分は、毎晩お風呂上りにはきちんと保湿することを心がけています。お風呂から上がる時、タオルでサッと水滴を拭いてそのまま風呂場で全身にたっぷりと化粧水をペタペタつけます。全身の保湿につけるローションはプチプラ化粧水です。ローションが肌に浸透したらお風呂場から出て保湿ジェルでそっとマッサージするように全身に塗っています。お風呂から上ったらすぐ化粧水、保湿ジェルクリームを使うようになってから体の乾燥に悩まされることがなくなりました。うら若き頃は、夏の暑い日に体がべたついてしまうのが嫌で身体の保湿ケアを怠けてばかりいました。だけど、歳を重ねるたびに潤いは無くなってきました。今は「夏こそ保湿!」を心がけています。乾燥が気になる寒い季節だけ念入りに保湿するのではなく、一年を通して保湿をしていたら吸いつくような肌になりました。肌の潤いが無くなると、皺やくすみなど老けて見えてしまいます。顔のみじゃなく体じゅう潤して、これからもずっとハリのあるお肌でいたいです。チープな化粧水でも毎回たくさん付けて確実に保湿することで、乾燥に悩まされることがありません!

Author